中古車の選び方やメンテナンスについて

私の運転歴は18歳~65歳までの内、途中病気で運転が出来なかった1年間を除いた46年間です。その間何台の車に乗ったかは忘れてしまいました。少なくても十数台は乗ったと思います。最初の購入時を除いては全て下取り車がありました。  その中で思いがけず高額で下取りしてもらった件についてお話しします。それは、日産チェリーからマツダカペラに乗り換える時です。  新車で購入したチェリーの乗用年数が3年経過し、そろそろ新車にしようかどうか悩んでいました。3年というと早いと思われるかも知れませんが、当時は1回目の車検時、又は2回目の車検時にはほとんどの人が乗り換えるという風潮みたいなものがありました。景気が良かったせいもあるかも知れません。  そんな訳で、私もその風潮に従って新車に乗り換えるべくデイラー廻りをして、次に乗るべく車を探したのですが、中々条件が合いません。いくら景気のいい時代といっても、私が月々に負担できる金額をはるかに超えた残債では乗り換える事が出来ないので、もうこれが最後、ここがダメだったら車検を受けようと思って 行ったところがマツダのデイラーでした。  さて、行って見てびっくり、思いがけない査定額を言われ、残債も分割支払いが可能な金額でした。どうしてこんなに違うのと思ったのですが、一応名の通ったメーカーのですし、心配はないだろうと思い契約しました。  後で職場の同僚にその事を話したら、マツダの車は売る時に安いからあまり売れないので、下取りを高くし 他社から自社の車への乗換を進めているようだと聞きました。「えー、そうなの」と思いましたが、契約して納車日が決まっていたので、覚悟を決め乗ることにしました。  新車の納車当日、デイラーに行くと真新しいベージュのカペラが目の前にあり、「結構カッコいいじゃん」と思いました。その後この車を6年乗り次の車に替えましたが、特に下取りが安い訳ではなく取り越し苦労でした。 www.talentsdedemain.org